ステンレス切断|アルミ切断|スチール切断|パイプ面取り|パイプ加工の株式会社サトウスチール(群馬県富岡市)

切断(鉄・ステンレス・アルミ)

当社はパイプ切断のこだわり、特に鉄、ステンレス、アルミ素材のパイプ切断や棒鋼切断ついて、長年、事業を営むにつれて独自ノウハウを培ってまいりました。

鉄、ステンレス、アルミと言いましても、それぞれ金属における含有量によって、強度や防銹性が異なります。

当社では、様々なお客様のニーズに対応するべく、それぞれの金属において適切な切断方法について長年研究し、切断面が「綺麗」で「強度を保持」し「さびにくい」切断により、納品させていただきます。

まずは、ご相談ください。

鉄(スチール)パイプ切断

当社では鉄切断については、(設備名)を用いて切断を行います。設備の運転には、熟練の従業員が行いますので、様々なお客様のご要望にお応えいたします。

切断面の加工や切断精度については、パイプの使用用途により、条件がお客様ごとに異なると思われますので、個別にお伺いし作業致します。

ステンレスパイプ切断

cut-stainless_01ステンレスと言いましても、代表的なものでも16種類もあり、各メーカーでの独自のステンレスもございます。
また、表面仕上げも何種類もあり、それぞれの用途に応じた仕上げとなっております。

そのような様々な用途のステンレスパイプについて、お客様のご要望を伺いながら切断方法を検討し、ご希望に沿った切断を行います。

設備については(設備名)を用いて作業を行います。

切断面の加工や切断精度については、パイプの使用用途により、条件がお客様ごとに異なると思われますので、個別にお伺いし作業致します。

最少外径
φ6mm~φ120mmの最大外径
(この範囲以外は お問い合わせ下さい)
パイプ肉厚 0.8mm~
(お問い合わせください)

アルミパイプ切断

cut-aluminum_00アルミパイプも、アルミの含有量により強度や用途が様々です。

特にアルミは軽量化のため強度や変形に弱く、切断や加工、破損の修繕は困難を伴います。

長年アルミ切断を行っており、強度や材質から、どの程度の加圧が必要かノウハウがありますので、お困りでしたら是非ご一報ください。

設備には(設備名)を用いて、熟練の従業員が作業を行います。

切断面の加工や切断精度については、パイプの使用用途により、条件がお客様ごとに異なると思われますので、個別にお伺いし作業致します。


アルミ異形材・押し出し材の切断も行います。

cut-aluminum_01


最少外径

φ6mm~φ90mmの最大外径
(この範囲以外は お問い合わせ下さい。写真の切断機を使わない切断方法もあります)

その他切断

樹脂切断(エスロンパイプ等)についても実績がございますので、各素材に応じた切断方法を検討いたしますので、まずはご相談下さい。

切断面の加工や切断精度については、パイプの使用用途により、条件がお客様ごとに異なると思われますので、個別にお伺いし作業致します。

サトウスチール 社長ブログ

株式会社 サトウスチール

TEL:0274-73-2800

住所

〒370-2412
群馬県富岡市妙義町下高田3618